今日の作業は、マコモダケの植付けです。
なぜマコモを植えるかと言いますと、休耕田対策です。

現在の制度では、3年に1回休耕しないといけないことになっていますので、休耕の年はマコモを植えて、前年の秋に産卵したものがマコモ畑で羽化してくれるようにする為です。

マコモは、株間を1.5m開けるのがポイントで、竹竿に印をつけて植えていきました。